比例道
ブログ
2018年4月8日コメント(0)

サーモスマイボトル洗浄器が5時間半で届いた

noimg

サーモスの魔法瓶に珈琲を入れて使っていた。10年以上使ったら、魔法瓶の中がまっ茶色に染まってしまった。珈琲しか入れないのでそれでもいいのだが、なんだか気になる。そんなとき、サーモスマイボトル洗浄器 1.5L以下用 APA-1500の存在を知った。電動モーターで回転するブラシと特殊洗浄剤で魔法瓶の中をピカピカにするというのだ。アマゾンでのレビューを読むと、本当にピカピカになるらしい。そこで、ほしいものリストに入れて値段が下がるのを待っていた。最初に欲しいものリストに入れたときは2000円を超えていた。先週2円下がって2097円になったが、この下げは誤差の範囲なので見送った。そして今日100円以上下げて1987円になった。十分安くなったので買いだ。ところが2000円を下回ってしまったので、送料無料だったのが送料350円になってしまった。これでは2097円のときに買った方が良かった。余計なものを買って2000円超えにすることも考えたが、ちょっと考えて、アマゾンプライム会員になることに決めた。日本はプライム会員の会費が外国に比べてとても安いというのは知っていた。そろそろ加入してもよいだろう。プライム会員になって注文すると当日配達が無料で選べるようになっていた。別に今日すぐに使いたい訳じゃないが、どれほど早く届くのか確かめてみたい。当日配達を指定して注文を終えたのが午前9時57分。プライム会員になって無料で聴けるようになったamazon musicを聴きながら待っていたら、午後3時30分にアマゾンのデリバリープロバイダが届けてくれた。注文してから届くまで約5時間半だ。すごいな。こんなにすごいならもっと早くプライム会員になっておけばよかった。ただし、これまで私がアマゾンで買った品物の半数は中国大陸からの発送だった。他国から発送される品物にはプライム会員の特典は使えない。amazon musicとかprime videoとかを見るのでなければ如何に会費が安いとしても、会員になるのはすごく得ってわけじゃない。だけど、特別感というかプレミアム感はすごく感じる。prime photoなんて容量無制限で写真や動画を保存できる。これは一度加入するとなかなかやめられそうにない。やるなアマゾン。消費者の心理をうまくつかんでいる。日本に上場していたならアマゾンの株を買いたくなった。しかし、まだ米国でしか上場していない。

後日、製品を使ってみてすごい勘違いに気付いた。この製品に回転するブラシなど付いていなかった。電池は使うが、電極しか付いてない。どうも電気分解的な働きで魔法瓶をきれいにするらしい。そして確かに魔法瓶の中はピカピカになった。

続きを読む
経済
読書
2018年4月8日コメント(0)

デジタルエコノミーはいかにして道を誤るか(日本は当てはまらない)

noimg

ライアン・エイヴェント著。この人は学者じゃないので、言っていることは合理的だ。経済学者は戯言しかいわないので、経済学者の書く本は読まない方が良い。この本では、発展途上国の人が豊かになるには、高齢化が進んだ先進国が豊かになるには、ともに移民が重要だと述べている。東欧や南アジアの人が欧州や米国へ移民するなら、それは全くもって正しい。良い結果を産むだろう。しかし、残念ながら日本では移民はうまく行かない。危険すぎる。日本は世界で一番治安が良い国なのだ。互いに信用してうまく暮らしている。そんな国に、ずる賢い外国の悪者が来たら、日本人はみんな騙されるカモになってしまう。そしてよいはずだった治安はどんどん悪くなってしまう。互いに信用することをやめ、疑心暗鬼に陥る。そんな国になるのを日本人が望むだろうか。望むはずがない。日本は日本のままでよい。移民政策どころか、移民排除と、既に国内にいる悪質な外国人の排除を進めなければならない。私は経済がこれ以上よくなるよりは、治安が良い方を選ぶ。貧乏は我慢できるし、騙されたり、殺されたりするよりずっとマシだ。

続きを読む
apple
mac
スマートフォン
2018年4月7日コメント(0)

マイフォトストリームは30日間しか保存されない

noimg

今月号のMacFanを読んだら、iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームについて書いてあった。iCloudフォトライブラリはiCloudの容量を消費するが、マイフォトストームは消費しないとあった。マイフォトストリームすごいじゃないか。これならiCloudフォトライブラリは要らないなと勝手に感心していたのだが、そんなにうまい話があるわけはなかった。マイフォトストリームは保存期間が30日間だと後で知った。これでは写真の保存には使えない。iCloudフォトライブラリを使うしかないようだ。

続きを読む
linux
ブログ
2018年4月6日コメント(0)

複数のクラウドをたばねてひとつのディレクトリに見せるサービス

noimg

オンラインストレージサービスを複数個使っている。無料のものも有料のものもある。無料のものは会社が倒産してファイルが無くなったことが以前あったので、大事なファイルは有料のものに入れている。ストレージのサイズは小さいものが15GBで大きいものは50GBだ。お金を月1000円ほど出せば1TBが使える(Google、DropBox、マイクロソフト)のだが、私はケチなので安いものですませたい。今使っているストレージサービスの容量を全部足すと、3.6TBだ。これで1年間の費用が6800円だ。

3.6TBのストレージをDropBoxで実現すると約7万円。アマゾンだと4TBで55200円。マイクロソフトだとOneDriveが5TBで11000円。OneDriveは安いね。ただし普通の方法ではlinuxで使えない。それに6800円よりはやはり高い。そこで、なんとか分散しているオンラインストレージをひとつのディレクトリに見せかけるサービスやソフトがないか探してみた。見つけてインストールしたのは以下の3つ。

  1. MultCloud
  2. odrive
  3. Air Explorer

結論は、ひとつのディレクトリに見せかけることは、どのソフトも不可能だった。バラバラに配置してある各オンラインストレージを一覧で見られるとか、検索できるとか、オンラインストレージ間で同期ができるとかの機能だけ。どれも私が求めるものではなかった。これは自分で作るしかないようだ。ソフトウェア作るのは苦手なんだけど、必要は発明の母と言うし、できるかもしれない。

ここにヒントがあった。私には難しいが、挑戦してみよう。

https://medium.odrive.com/sync-client-magic-602d858731de

続きを読む
Thinkpad
2018年4月5日コメント(0)

ThinkPad X220 Tablet (i7搭載)を拾う

noimg

壊れたから捨てるというThinkpadをもらってきた。電源を入れると”Fan Error”と表示されるだけで起動しない。ノートPCでファンが壊れたとは致命的だなあと思いつつも、電源オン直後にF1を押してみた。そしたらBIOS画面には行けた。BIOSをいじっていて分かったのだが、このThinkpadはBIOSではなくUEFIだった。おお!動くPCを40台以上持っているが、UEFIは初めてだ。そしてCPUはi7だった。i7のマシンは9台持っているが、自分で買ったのはVAIOの1台だけ。あとの8台はもらったり拾ったりしたものだ。i7のマシンがほいほいもらえるなんて、日本は景気がいいのかもしれない。

UEFIで使いそうにない機能(AMTとか)をdisableして、再起動してみたらなんと普通にWindows7が起動した。ラッキー!しかし、Fan ErrorのFanとはどこだったんだ?まあ、いいか。Windows7を起動して、WiFiでネットに繋げたらWindows updateが192個ありますと表示された。面倒だったが6時間かけてupdateをした。そして再起動したら「Windows 更新プログラムの構成に失敗しました。変更を元に戻しています。」と表示されてupdateと同じくらいの時間がかかってふりだしに戻った。なんてこった。

CCleanerを入れてアプリを見てみると、中華製のオフィスとか、どこの国のものかわからない動画ビューアーとか、なんだかよくわからないコーデックとか、Microsoft Visual C++ Redistributableのいろんなバージョンのものがたくさん入っていた。アンインストールしようとしたが、ファイルの一部が壊れているらしく半分くらいアンインストールできない。もうWindowsはあきらめてlinuxに変えようと思って調べたが、X220なら普通にlinuxで良いらしいが、X220 Tabletだと問題があることが分かった。Debianの開発版でタッチパッドやスタイラスペンが動くらしいのだが、X220 Tabletのディスプレイを反転させてタブレットモードに変形させると表示が逆になるという致命的なエラーが修正できていない。ここはWindowsにつきあうしかないようだ。しかし、システムがぐちゃぐちゃになっているWindowsを正常に戻すのは面倒だ。幸いリカバリー領域は生きているので、購入直後のWindows7に戻すことはできる。でもこのマシンはタブレットなんだよね。以前HPのslate2をWindows7で使ったけど、タブレットなのにマウスがないと使い物にならなかった。Windows7はデスクトップ用のOSなのだ。

そこでWindows 10 Fall Creators Updateを入れることにした。以前拾っておいたインストールファイルをUSBメモリに入れて、USBメモリをX220に刺してsetup.exeを実行した。引き継げないアプリをアンインストールしろと途中で言われたが、幸いそれらのアプリは無事にアンインストールできた。そのままアップデートを続けて、3時間でWindows10にアップデートできた。Windows10になったX220 Tabletは快調に動いている。タブレットモードに変形させると画面の向きが自動的に縦になる。スタイラスペンでも指でも快適に使える。バッテリーも劣化しておらず、モバイルで活躍できそうだ。

続きを読む
Android
スマートフォン
2018年4月4日コメント(0)

OCN Mobile ONEを契約した

noimg

カシモの縛り期間はまだ半年あるのだが、OCN Mobile ONEを契約した。OCNだけがもつプラン「日毎に高速通信分がリセットされる」が圧倒的に使いやすいので、他社の追従を許さない優位性がある。カシモをはじめ、OCN以外のMVNOでは高速通信分をまず使ってしまう(高速通信をON/OFFできて使用を制御できるMVNOも一部にはある)。月初めに高速通信分3GBがあったとする。Androidスマートフォンは裏で知らないうちに通信をしているので、月初めから高速通信分をどんどん消費してしまう。毎月10日頃になると高速通信分3GBを使い切って、それ以降は月末まで200kbpsの低速通信しかできなくなる。これでは月半ば以降は使い物にならない。それに対してOCNは毎日110MBが高速通信になる。110MBを超えた分は200kbpsの低速通信になる。これなら月末まで高速通信の恩恵を受けることができる。ナイスアイディアだ。高速通信をON/OFFできるアプリも用意されていて、メールやSNSなど低速通信で十分なときに高速通信量を消費しないように制御することもできる。OCNの中の人はすばらしく賢い。とてもNTTだとは思えないよ。

続きを読む
ハードウェア
2018年4月3日コメント(0)

ノートPC用のi9のTDPが45W

noimg

インテルがモバイル向けプロセッサCore i9-8950HKを発表した.プロセスルールが14nm++でけっこうでかい.案の定TDPは45Wだって.モバイルに45Wはないだろうに.ノートPCで何をするつもりなのかな.私がデスクトップPCで使っているPentium M 1.8GHzだってTDPは21Wしかないのに(そういえばPentium Mは元はモバイル向けだったか).出先でメールを読み書きしたり,プレゼンしたりするのにはTDP 5WくらいのCPUで十分だ.出先で4Kビデオを編集するような変わり者はそうそういないと思うよ.

続きを読む
linux
音楽
2018年4月2日コメント(0)

PLANEX USB-DAC PL-US35APは長寿商品

noimg

極悪マザーボードTDVIAはPCIバスにSCSIカードとNICカードしか刺せない。Sound Blasterなどを刺すと動かなくなる。仕方ないので音を出すために2個しかないUSB1.1ポートにPLANEXのPL-US35APを刺して音を出している。アマゾンでPL-US35APのところに行くとまだ普通に売っていた。そして「お客様は、2013/2/28にこの商品を注文しました。」と表示されている。5年も前から売っていてまだ現役とはなかなかの長寿商品だ。当時はまだハイレゾが流行ってなかったので、このUSB DACはハイレゾではない。しかし、C-MediaのCMxxxxというチップで、Windows10でもMacOSXでもLinuxでもPS4でもドライバのインストール無しに認識するという優れものだ。だから今でも需要があるのだと思う。最近は1000円出せば、ハイレゾのUSB DACが買えるので、このPL-US35APはこれでないと動かないTDVIAやPS4用に温存して、MacOSX用にはハイレゾの安いDACでも買ってみようと思う。

続きを読む
ブログ
2018年4月2日コメント(0)

化石燃料が枯渇する前に食料が足りなくなってきた

noimg

20世紀には,将来は化石燃料が枯渇するから,エネルギー問題こそがいちばん大事な解決すべき問題だと教わった.ところが,使っても使っても次から次へ石油は見つかり,今まで掘っても使えなかった低純度の油を使う技術もできて,石油が枯渇する心配はなくなった.枯渇はしないけど,燃やしすぎると地球温暖化を招くから注意しましょうという別の問題は生じた.そして人間は増え続け,世界人口は100億人を突破した.ところが世界の食糧供給力はあまり増えず(使える耕地はほぼ使い切ってしまったので),みんなで平等に分け合ったとしても112億人分しか作れない.それなら今は足りるはずだが,実際は無駄に食料を浪費している国があるから(日本もそうかもしれない),既に飢餓で苦しんでいる人が何億人もいる.これからも人口は増えるので,未来の食糧不足は必至の状況だ.この状況に人類はどうやって立ち向かうのだろう.

昔のSF映画を見ているのだが,化石燃料が枯渇したから太陽エネルギーを奪い合う云々という話だ.ああばからしい.これでは漫画だ.そして漫画だと思ってバカにしていた北斗の拳の世紀末の食料奪い合いの方がよほど現実的だった.

米中貿易戦争なんてどうでもよく,森友なんかもっとどうでもよく,カリアゲ君の核ミサイルもどうでもよく,政治家は未来の食料のこととか考えればよいのだが,そこまで深慮遠謀の人はいないか.それに日本は人口が減るから食料問題の優先度は低いかもしれない.しかし,完全自給している訳ではないので,避けては通れない問題だろうに.

続きを読む
読書
2018年4月1日コメント(0)

炭水化物が人類を滅ぼす・最終回答編

noimg

夏井睦というお医者さんが書いた本。糖質をとらない方が良いという主張の本だが、糖質をとらない方が良いという理由は2,3ページ読めばわかる。本にするほどのことではない。この本は、地球になぜ生き物が生まれて、どのように進化してきたかが、面白おかしく書かれている。面白おかしくと言ってもフィクションではない。夏井さんは物理学、量子力学、宇宙論、相対性理論、分子生物学など多岐にわたる知識の持ち主だということが読んでいて分かる。科学的に立証されていないこともあるが、少な目に見積もっても書かれていることの8割は本当だろう。私は99%が本当だと思った。100%でないのは地球の外に知的生命体はいないという説には賛同できないからだ。千年前にナスカに降りてきて地上絵を描かせる動機を作ったのは宇宙人だと思っているからね。それ以外は全部本当だといずれ証明されるだろう。下手なSF(ミトコンドリアに関してはパラサイトイブとか)よりずっと面白い。楽しい読み物としてお薦めできる一冊だ。

続きを読む